http://xn--ccka9df.net/   http://xn--ccka9df.net/  
疑問・不安を徹底追及
 

日本とオフショア地域の保険の仕組みの違い

日本国内の保険と海外(主にオフショアと呼ばれる地域)の保険では、圧倒的に利回りが違います。その理由として、人件費が安い、法人税が安い、適切な競争がある、運用力に優れている、営業体制の違いなどが挙げられます。日本では、広告宣伝費や会社の運営費に莫大な費用をかけるのに対し、香港を筆頭にオフショアと呼ばれる地域では、契約者に最大限還元できる様な形が取られています。また、税率が安いのも大きな理由の一つです。

オフショアと呼ばれる地域について

通称:タックスヘイブン(租税回避地)と言い、日本とは違い資産や投資活動に対する課税がないか、少額である地域を指します。

香港
日本
消費税
0%
8% (増税予定)
所得税
15%
45% (最大)
法人税
16.5%
34.62% (最大)
分離課税
0%
36% (最大)
相続税
0%
55% (最大)
贈与税
0%
50% (最大)
人口 700,000人 12600,000人
銀行数 286行 337行
生保会社 65社 41社
損保会社 129社 48社

このように世界的に有名な会社や大手金融機関が集まり、高利回り商品が多数存在しています。

アジアスの歴史と実績

1824年にベルギーの生命保険会社Assurances Générales(現在のAG Insurance)が創業したことをアジアスの起源とします。ベルギー、英国、欧州、アジアを主要のマーケットとしており、全世界に従業員を11,000人抱えています。また、総売上は160億ユーロ(1兆7,600億円)でユーロネクストに現在上場しております。

・高い格付け評価
Ageasは常に注意深く投資戦略を遂行しています。財務状況は世界有数の格付け会社より以下のような高い評価を受けています。
 ■ A.M.Best: A-(Excellent)
 ■ Fitch Ratinngs: A-
 ■ Moody's: Baa1

・ソルベンシーマージン比率
香港保険業管理局により規定された資金を100%保障する独立法人です。最も重要なことは、契約者の利益をどのような時にも全てを保護することです。

ソルベンシーマージン比率はリスク管理に大変重要なものです。協会が要求する比率を十分に満たしております。それは、信頼に足る財務力のれっきとした証拠となります。2010年9月時点で、330%です。

アジアスの毎月の保険料の運用方法について

アジアスが直接契約書のお金を預かって運用しているわけではなく、独立系ファイナンシャル・アドバイザーいわゆる投資顧問会社、所謂IFA(Independent Financial Adviser)を数ある中から選択して、保険料を運用される形が主流となります。自分でポートフォリオを組んで運用することも可能ですが、知識が無い方は投資の専門会社であるIFAにお金を預けた方が安全に資産運用できる可能性が高いです。欧米や香港では、日本のように保険会社が直接お金を預かって運用するのではなく、このような投資顧問会社が間に入って運用する方法が主流になってきています。どのIFAを選択するかによって、利率は大きく変わってくるので、重要な要素の一つとなります。弊社では、運用実績の高いIFAをご紹介しております。是非お問い合わせ下さい。

IFAとは具体的にどういったものなのか

香港の金融当局から正式に認可された銀行や証券会社と同等に、投資顧問業を専業とする金融会社になります。一般的に証券会社・銀行のような金融商品を販売して手数料を得るビジネスモデルでは、個人投資家と利害が相反します。これに対し、IFAは、海外ファンドに関する実績や専門知識を活かして長期間に渡ってお手伝いして、顧客の資産が増えれば増えるほど、IFAの報酬も増えるビジネスモデルです。これは、個人投資家とIFAの利害を一致させる仕組みになっています。

運用実績が高い理由

アジアスの商品全ての運用実績が高いというよりは、優秀なIFAがアジアスの商品で高い利回りを出している実績があります。これはとあるIFAのデータですが、リーマンショックで2008年にリターン率-15%になりましたが、その後盛り返して、翌年にはリターン率30%を記録しており、最高リターンは、51.31%となっています。

サンプル

 
 
 
 
サンプル
 
サンプル
 
サンプル
 

ホーム | 質問 | 関連用語集 | 会社情報 | お問い合わせ | リンク集 | 運営者情報
Copyright © 保険会社アジアス・エイジアス(Ageas N.V./S.A.)とは? All Rights Reserved.